年間損益比率20倍|オーストラリア・ケアンズ在住のFXトレーダー

  1. FX全般
  2. 278 view

自分を騙せ、自己暗示だ!

読む前にワンクリックよろしく!

絶好のエントリーチャンスが来たのに、ビビってエントリーできないことがある。

今現在、俺がサポートしているトレーダーもビビりが原因で機会損失ばかり出し、トレード成績を改善できず苦しんでいる者がいる。『何であんな絶好のチャンスにエントリーできないんだ?』って、俺もずいぶん不思議に思って首をかしげてきたが、何となくその理由が分かってきた。

俺も昔、ビビってエントリーできなかった時代があった。。

まだ俺が日本にいてFXを始めて3年くらいの頃、GIANT KILLINGのような厳格な売買ルールではなく、チンチクリンな売買ルールしかなかった。それでもルールはルール。トレーダーとして成り上がるためには絶対に売買ルールを守り通さなければならない。

しかし頭では分かっているはずなのに、何度か損切りを食らうと心が折れてビビってエントリーできなくなってしまう。そんな時ほど、ルール通りエントリーしていれば爆益を掴める絶好のエントリーチャンスをスルーしてしまう。

『俺って本当にメンタル弱いな、ヘタレだよ俺。鹿児島のどっかの寺で護摩行でもやればメンタル強くなんのかな?』って、あの頃は死にたくなるほど深刻に悩んだもんだ。

今、絶好のチャンスにビビってエントリーできないヘタレのオマエ。なぜオマエがチャンスにビビるのか、本当の理由を教えてやる。そして俺がビビらずエントリーできるようになった簡単な秘訣を伝授してやろうじゃないか。

まずヘタレのオマエの相場観でチャートを見て、絶好のエントリーチャンスと感じることがあったとしよう。そして『絶対に、必ず勝てる』と思ってエントリーする。これがそもそも間違いなんだ。相場っていうのはな、

======================

優位性があっても

勝ちトレードと負けトレードは

ランダムに分布する

======================

これが相場の本質だ。だからエントリーする際は、損切りになることもあり得ることを受け入れておかなければならない。どんな売買手法であっても、エントリーすれば『必ず勝てる』ってことはあり得ない。常に勝ち負けはランダムに分布するのだ。

『必ず勝てる』と思ってエントリーするヘタレのオマエは、何度か損切りを食らうと脳が損切りのイメージを強く記憶し、いつしか『次にエントリーしたらまた負けてしまう』と、まだ起きてもいない未来に対して不安を抱くようになる。そして絶好のチャンスにはことごとくビビりスルーし、『エントリーしていれば爆益だったのに!』と深い後悔に陥ることになる。

次に勇気を出してエントリーしたらやっぱり損切り。『エントリーしたら損切り、スルーしたら機会損失。』、最悪の無限ループにハマった気分だろうな、アーメン。

=========================

エントリーする際の正しい心構えとは、

エントリーしたら損切りになるかもしれないが、
爆益の相場になる可能性もある。

エントリーしなければ損切りはないが、
もし吹っ飛んだら、
とんでもない機会損失と深い後悔を生む。

だから後で後悔しないためにエントリーする!

=========================

最悪を想定して、最善をイメージしろ。

エントリーするから勝てるんだ。エントリーせず勝つことなどあり得ない。

それでもビビってエントリーできない奴がいるはずだ。そんなヘタレのオマエ、自分の胸に手を当てて自分自身に聞いてみろ。

エントリーしようとする瞬間、無意識にエントリーしない理由を探してないか?

機会損失を出したら、エントリーしなかった自分を正当化するために『言い訳検証』をしてないか?

もしそうなら、潜在意識の抵抗を受けている証拠だ。

エントリーする瞬間、

・また売買方向を間違ってはいないか?

・IFDが浅すぎないか?

・中期足がすでに買われている、売られている

・4時間足が明確なサポレジに届いていない

・チャート右端のインジケーター細部にいちゃもんを付ける

こうしてエントリーしない理由を探しているはずだ。これは潜在意識の問題なので、オマエ自身は意識できない。無意識の領域だ。『潜在意識の現状維持プログラム』が働いている状態なので、自分自身ではコントロールできない。決してオマエが極度なビビり症という意味ではなく、人間の本能の問題なのでビビるオマエに人としての問題はない。

ただし、トレーダーとしては大いに問題がある。

潜在意識には『親心』のような機能があり、何か新しい挑戦または未知の領域への挑戦に対して、『危ないからやめておきなさい』という信号を無意識に脳に送る。オマエが望む望まないに関わらず、潜在意識はオマエが今より金持ちになることも貧しくなることも嫌う。ただ今の現状のオマエを維持することを最優先にする。

これが『潜在意識の現状維持プログラム』だ。

実は潜在意識は実体のないプログラムのようなもので、現在と未来、現実と非現実を区別できない。だけどプログラムを書き換えてやれば、『潜在意識の現状維持プログラム』を打開することができる。とてもシンプルな方法だ。

それが、

自己暗示をかける

っていうこと。

毎日の寝起きや就寝前に、

『今日は絶対エントリーするぞ!』って10回呟いてみな。

たったそれだけ。これを続けるだけで潜在意識の現状維持プログラムを書き換えられる。

決して、

『今日は絶対勝つぞ!』

とか

『絶対にビビらないぞ!』

と呟いてはならない。勝ち負けはあくまで相場次第、短期的な運の影響もあるのでオマエ自身がコントロールできるものではない。

エントリーに失敗したら、どうせすぐに心が折れるんだろ。

また潜在意識は無いものを認識できない。『~しない』という否定的な言語を読み込むことができないんだ。だから潜在意識に対しては、常に肯定的な言葉を使うのが原則だ。


=========================


コンサル生の中でもトップレベルのトレーダーYくん。今年から取引数量をグッと上げて毎週数百万をも稼ぐトレーダーに成長した。年の初めはプレッシャーでエントリーに躊躇しないか少し心配したんだが、俺の心配は全く無用だった。

最近は「最大のリスクをとる!!」とエントリー時につぶやきながらトレードしています。

と言ってた。Yくんは既に自己暗示をかけていたんだ。その甲斐あってか、普通の素人トレーダーなら恐ろしくてエントリーできない相場でもすいすいエントリーし、ワンショットで数百pipsを抜き取り、数百万円を稼ぐことが当たり前になっている。俺が見ても『すげーエントリーしてんな!』って感心するほどだ。

自己暗示をかければ潜在意識のプログラムを書き換えられる。エントリーの際に、エントリーしない理由を探さなくなる。本当だ。

だからビビりでヘタレのオマエ、

自己暗示をかけて、自分の潜在意識を騙せ!

『今日は絶対エントリーするぞ!』って呟いてみよう

あ、一個書き忘れたことがある。

今日の話の内容は、あくまで期待値が高い売買ルールと、大局を見極める相場観があるってことが前提だ。おそらく1000人に一人しか理解できないだろう。

大衆ではなく、1000人に一人のオマエに対して書いているので、俺のブログは人気がないんだろうな。

読み終わったら一発ポチっと頼んます。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

BLOG RANKING

最新の記事

  1. 2023年1月6日(金)のトレード
  2. 2023年1月5日(木)のトレード
  3. 〔2023.1.2-6〕週刊ビデオレター
  4. 2023年1月4日(水)のトレード 動画解説付
  5. 2023年1月3日(火)のトレード

最近の勝ちトレード

  1. 2022年12月2日(金)のトレード 動画解説付
  2. 2022年11月23日(水)のトレード 動画解説付
  3. 2022年11月10(木)のトレード 動画解説付
  4. 2022年11月9日(水)のトレード 動画解説付
  5. 2022年10月25日(火)のトレード 動画解説付

月間トレード成績

  1. 2022年12月度のトレード成績
  2. 2022年11月度のトレード成績
  3. 2022年10月度のトレード成績
  4. 2022年9月度のトレード成績
  5. 2022年8月度のトレード成績

おススメの記事

  1. 〔2023.1.2-6〕週刊ビデオレター
  2. 2022年の年間THREE WOLVES|過去最高の成績!!
  3. 2022年11月度のTHREE WOLVES トータル順位
  4. 2022年11月度のTHREE WOLVES 月間順位
  5. 週刊ビデオレターの年末休暇について

最近のコメント