年間損益比率20倍|オーストラリア・ケアンズ在住のFXトレーダー

  1. FX全般
  2. 386 view

大きな流れに乗るために ~ テクニカル分析の限界突破に挑戦!

読む前にワンクリックよろしく!

FXで行う短期売買においては、ランダムウォーク(酔歩:酔っ払いが歩く様子)が発生します。これは紛れもない事実です。ランダムウォークは予測不能と言われますが、確かにその通りだと私も思います。確実な予測は不可能です。

ただし短期のランダムウォークとはいえ、ある程度の確率で天井と底を見極めることが可能で、実はFXでは勝ちやすい相場です。テクニカル分析と確率論を駆使したトレードは、短期売買、つまりランダムウォークを攻略するのに適しています。

しかし、数年に一度の頻度で現れる月足レベルの大きな値動き。この値動きはテクニカル分析だけではどうにも説明できませんでした。月足レベルの大きな値動きのはずなのに、私は大きな利益チャンスを逃してしまう(機会損失)傾向にありました。さらに私が教えたトレーダーさんたちも大きくパフォーマンスを崩してしまいます。

ここに私は、《テクニカル分析の限界》を感じていました。

そして今、この大きな値動きが政府主導、または中央銀行が主導する値動きであることに気が付きました。せっかく大きな値動きが発生しているのに、利益を取り切れないのは本当に勿体ない!

今まで、マーケットに参加するトレーダーの心理を読み解きながらテクニカル分析を追求してきましたが、月足レベルの大きな値動きが発生した場合は、政府または中央銀行の動向を理解することが不可欠、という結論に至りました。

そのために、FXに活かせるであろう最低限のマクロ経済を勉強することにします。これはファンダメンタルズ分析となりますが、これにもやはり限界はあります。あくまでソフトなファンダメンタルズ分析と、テクニカル分析および確率論を融合したトレードスタイルの確立に挑んでみたいと思います。

読み終わったら一発ポチっと頼んます。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

BLOG RANKING

最新の記事

  1. 2024年6月度のトレード成績
  2. 2024年6月28日(金)
  3. 2024年6月27日(木)▶ 1勝 0敗 +232.9p…
  4. 2024年6月26日(水)
  5. 〔2024.6.24-28〕週刊ビデオレター | 弱肉強食のFX

最近の勝ちトレード

  1. 2024年6月27日(木)▶ 1勝 0敗 +232.9p…
  2. 2024年6月18日(火)▶ 1勝 0敗 +252.2p…
  3. 2024年6月17日(月)真っ白な灰のように燃え尽きる利食い
  4. 2024年6月14日(金)▶ 1勝 0敗 +196.3p…
  5. 2024年6月13日(木)▶ 1勝 0敗 +277.9p…

月間トレード成績

  1. 2024年6月度のトレード成績
  2. 2024年5月度のトレード成績|量の多いモノは価値が安く、量の少ないモ…
  3. 2024年4月度のトレード成績
  4. 2024年3月度のトレード成績
  5. 2024年2月度のトレード成績

おススメの記事

  1. 〔2024.6.24-28〕週刊ビデオレター | 弱肉強食のFX
  2. 〔2024.6.17-21〕週刊ビデオレター | 生きるためのFX、お…
  3. 〔2024.6.10-14〕週刊ビデオレター
  4. 〔2024.6.3-7〕週刊ビデオレター
  5. 2024年5月度のTHREE WOLVES トータル順位

最近のコメント