年間損益比率20倍|オーストラリア・ケアンズ在住のFXトレーダー

  1. FXコンサルティング
  2. 722 view

プロフェッショナルコース新設のお知らせ

読む前にワンクリックよろしく!

2020年3月から始めた週刊ビデオレター。きっかけは、新型コロナウィルスでした。

週刊ビデオレターをやるようになって、著しく成績が伸びるトレーダーが現れるようになってきました。ふと、2021年の成績上位トレーダーを思い返してみると、トップ5は専業トレーダーか、もしくは兼業であっても時間をコントロールできる自営業者であることに気付きました。

FXトレーダーを目指す者なら、誰でも毎月数千万円とか、数億円を稼ぐトレーダーを夢見ているのではないでしょうか。しかし実際にトレードをやってみると、全く同じ売買手法を伝授してもトレード成績は千差万別。

売買手法や相場の見立て方の理解度は個々に差があるのは当然ですが、一番の違いは【FXに掛ける時間と熱量の差】です。

専業トレーダーや時間の融通が利く自営業兼トレーダーと、会社員(パート・派遣)の兼業トレーダーではトレード成績に本当に大きな差が開くことがよく分かりました。

特に会社員(パート・派遣)の兼業トレーダーではチャートを見る時間が限定されるため、どうしても(Y)よそ見による【機会損失】が目立ちますし、トレード技術やメンタルコントロールの習熟度の差異が原因で(B)ビビりによる【機会損失】が明らかに多くなります。

また取引数量をオーバーロードさせて毎月の利益をどんどん増やしていくトレーダーがいれば、何年も低い取引数量で変わらない方もいます。つまり、今までの週刊ビデオレターによるトレーダーサポートは、


=========
 プロアマ混合
=========


の状態になっていました。FXを始めた理由が何億円も稼ぐトレーダーを目指す方もいれば、会社員をやりながら生活費の足しになれば満足という方も、実際のところいるはずです。FXに人生を賭けているストイックな専業トレーダーと同じような添削サポートをされると厳しすぎてついていけないと、内心感じる方もいるはずです。

専業トレーダーとは、プロアスリートまたは求道者のような職業です。人によって様々な事情があると思いますが、少なくとも私は長年専業トレーダーとして生きてきたからこそ、トレーダーとして成功しなければならないピンッと張り詰めた心の空気感が理解できます。

問題は、同じFXでも温度差があるプロとアマを同時に指導すると、どうしてもプロ目線の指導に偏ってしまうということです。

期待値の高い売買ルール、そして大局の優位性を見極める相場観があれば、トレード成績の差を生む決定的な要因は【損切り】ではありません。あくまで【機会損失】です。これはトレード結果の確率と統計を算出すれば、明確に数字で証明することができます。

どうにも埋められないほどの圧倒的な実力差が出てしまった今、プロとアマチュアを同じ土俵でサポートすることに限界を感じていました。

このような理由で、

・トレード技術の習熟度に自信が無い方
・時間の融通が利かない兼業トレーダー



・専業トレーダー
・時間の融通が利く兼業トレーダー

のサポートを完全に分ける必要があると結論に至りました。




今後は【プロアマ混合のトレーダーサポート】を完全撤廃し、

========================
【機会損失】の追求を抑えたマイルドな育成コース
========================



========================
億超えトレーダー専門 プロフェッショナルコース
========================

を新設し、2つのトレーダーサポート体制を敷きたいと思います。


育成コースの概要

====
 目標
====

兼業FXトレーダーとしての成立
やってはいけないトレードの理解を深める


==========
 主なサポート内容
==========

・毎週土日にトレード結果の検証チャートを提出(最終:月曜夜迄)
・機会損失の検証は不要
・毎月の成績発表

・あくまで三流トレーダーとしての立ち位置、
 直接の指導は行いません。

・上級トレーダーのビデオレターで、
 まずは見て学ぶことに集中してください。

=====
 対象者
=====

・トレード技術の習熟度に自信が無い方
・時間の融通が利かない兼業トレーダー
・毎月20万円~50万円ほどの利益が目標の方
・躊躇してエントリーできない方

※ 育成コースの方は、取引数量を自由に上げ下げ可能

プロフェッショナルコースの概要

====
 目標
====

タネ銭1億円超えを目指すプロフェッショナルなトレーダーの輩出


==========
 主なサポート内容
==========

・毎週土日にトレード結果の検証チャートを提出(最終:月曜夜迄)
・機会損失の検証は要提出
・勝ちトレードの発表
・毎月の成績発表

・あくまで二流以上のトレーダーとしての立ち位置
 毎週ビデオレターで直接指導を行います。


=====
 対象者
=====

・最低1Lots以上でトレードしている方
・月平均で最低20回以上エントリーできる方(ビビりお断り)
・専業トレーダー or 時間の融通が利く兼業トレーダー
・毎月数百万円~数千万円の利益を目指す野心家
・志高いプロ意識のある方
・機会損失に対して言い訳をしない方

※ プロフェッショナルコースの方は、取引数量を下げることは許されません。
※ 10Lots未満の場合、最低6ヶ月毎に取引数量を上げる。(上げ幅は不問)
※ あまりにも機会損失が多いようであれば、育成コースに即時格下げします。

Q & A

Q. いつからコース選択をすればいいですか?
A. オンラインFXコンサルティング加入後、実戦の準備が整ったら(過去検証完了)、最初は【育成コース】からスタートです。

【育成コース】で6ヶ月経過後、トレード内容を考慮し、当方で【プロフェッショナルコース】に格上げ可能なレベルと判断した場合、本人に連絡いたします。その後は、ご自身の選択責任において【プロフェッショナルコース】に変更可能です。



Q. 料金は掛かりますか?
A. FXコンサルティング料金以外に、サポート料金はいただきません。



Q. 育成コースを選択してもプロフェッショナルコースの動画を観れますか?
A. 観れます。



Q. 育成コースからプロフェッショナルコースに変更できますか?
A. 当方で【プロフェッショナルコース】に格上げ可能なレベルと判断した場合、本人に連絡いたします。その後は、ご自身の選択責任において【プロフェッショナルコース】に変更可能です。



Q. 逆に、プロフェッショナルコースから育成コースに変更できますか?
A. 本人の希望であればいつでも可能です。また、年間成績が【育成コース】の方より劣る場合、翌年からは【育成コース】に格下げします。



Q. 育成コースを選択しても【機会損失】を検証していいですか?
A. もちろんです。機会損失検証は必ずアナタの実力向上に役立ちます。



Q. 会社員の兼業トレーダーですが、プロフェッショナルコースを選択してもいいですか?
A. テレワークが普及した世の中です。時間の融通が利き、トレードレベルが【プロフェッショナルコース】在籍可能なレベルであれば選択可能です。



Q. サポート期間に期限はありますか?
A. ありません。あなたがトレーダーとしての高みを目指す限り、あなたをサポートいたします。ただし当社に何かしらの問題や私に身体的な問題が生じ、トレーダーのサポートに責任を負えないと判断した場合は、全てのFXコンサルティング業務を中止いたします。



Q. プロフェッショナルコースで億超えを果たしたら卒業になりますか?
A. 特に卒業制度は設けておりませんが、サポートの必要が無いと感じた時が卒業です。



Q. 損切した場合、損失額の責任を取っていただけますか?
A. 不可能です。当社では自己責任の概念が無いバカをサポートしません。

読み終わったら一発ポチっと頼んます。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

BLOG RANKING

最新の記事

  1. 2023年1月6日(金)のトレード
  2. 2023年1月5日(木)のトレード
  3. 〔2023.1.2-6〕週刊ビデオレター
  4. 2023年1月4日(水)のトレード 動画解説付
  5. 2023年1月3日(火)のトレード

最近の勝ちトレード

  1. 2022年12月2日(金)のトレード 動画解説付
  2. 2022年11月23日(水)のトレード 動画解説付
  3. 2022年11月10(木)のトレード 動画解説付
  4. 2022年11月9日(水)のトレード 動画解説付
  5. 2022年10月25日(火)のトレード 動画解説付

月間トレード成績

  1. 2022年12月度のトレード成績
  2. 2022年11月度のトレード成績
  3. 2022年10月度のトレード成績
  4. 2022年9月度のトレード成績
  5. 2022年8月度のトレード成績

おススメの記事

  1. 〔2023.1.2-6〕週刊ビデオレター
  2. 2022年の年間THREE WOLVES|過去最高の成績!!
  3. 2022年11月度のTHREE WOLVES トータル順位
  4. 2022年11月度のTHREE WOLVES 月間順位
  5. 週刊ビデオレターの年末休暇について

最近のコメント